トヨタ、燃料電池車の全特許を無償公開

事的真相

世間を騒がす事的真相

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-07(Wed)

トヨタ、燃料電池車の全特許を無償公開

トヨタ自動車が、燃料電池関連のすべての特許約5680件を無償で提供すると発表。
「究極のエコカー」と呼ばれる水素で走る燃料電池車(FCV)の普及を促すのが狙いのようだ。
トヨタは、自動車メーカーとして初めて燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の一般ユーザー向け販売を開始。
燃料電池車の普及には水素ステーションなどの整備も欠かせない。
消費者としては、どの自動車メーカーの燃料電池車でも同一の水素ステーションで充填できるように規格を統一してほしい。
2020年の東京五輪・パラリンピックでは、東京都中央区晴海に建設する選手村を、水素エネルギーで電力などを賄う「水素タウン」として整備するなど燃料電池の需要が高まっている。
選手らが移動に使う燃料電池バスなども走らせるようだ。
日本の技術力を世界中にお披露目できることだろう。
関連記事
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示

事的真相

Author:事的真相
世間を騒がす事的真相


ベストセラー

リンクフリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。